観てきました。
源氏物語 千年の謎御大がエロイと聞いていた「源氏物語 千年の謎」を観てきました。
初っぱなから確かにね。
実際に紫式部日記の中で、式部が道長に言い寄られた下りもあり、研究者の中では二人はそういう関係やったという方もおられるそうですけど。
これって年齢制限あったっけ?っと心配になるスタート。

映画全体は、ものすごく綺麗な作りでしたね。
細部まで作り込まれていて、観ていて荘厳ささえも感じる映像でした…が。
言うても源氏物語、世界最古の恋愛物語。
全てにおいて、「恋愛」が中心に回る世界。
そんな男女のもつれの中で、圧巻やったのは、やはり道長と紫式部の二人。大人の色香というかなんというか。また、中谷美紀さんの十二単姿が似合って美しい。
他の女君が、おとなしくお子様に見えてしまうぐらい。六条の御君もちょっと可愛いやろう。
お子様と言えば、生田斗真君演じる光源氏が初々しい。光源氏なのに…可愛らしい。
確かに青年時代のまだ恋愛遍歴を重ね始めたぐらいの幼さで、その点で言うたらぴったりあっていたのかもしれへんけどね。

そして窪塚君演じる安倍晴明の存在意義がいまいちわからない。安倍晴明と生霊のくだり、いらない気がするんですよね。無理矢理感が否めない。

そして、一番笑ったのは、藤壷との場面かな、烏帽子脱ごうよ、その場面でその状態で、いつまでも頭にのっている烏帽子の立場って何?

そんな中、東儀秀樹さんが奏でる曲は綺麗でしたね。周囲の雅楽が一瞬で消えてしまうぐらい。
内容はともあれ、全体的には綺麗な映画でした…。