地元のとんど祭りに参加してきました。
母校の小学校でやっているお祭り、今年初めて見に行きました。

10時からと聞いていたので、10時5分にいったら、お祭りを手伝っていた母親に「もう火、小さなるで」と告げられて、慌てて写真を撮り…。
折角行ったのに、もう終わりかい…
そう思いながら、近づいたんやけど、とにかく、バン、バシっていう音がものすごい。下に敷いているトタンが焼けてるんか、それとも櫓を組んでる竹が弾けてるんかわからへんけれど、音の迫力は半端なくて、思わず耳を抑えてしまう。

櫓を燃やすために、一気に竹を引っ張り落として行く。
その落ちていく様は、一瞬。

櫓がなくなっても、地域のの人が順番に持ってきたしめ飾りをどんどん火の中に放り込んで燃やして行く。

 

 

 

祭りが終わった後は、地域のオバサマ達がその場で、餅米を蒸して杵と石臼!! でついた餅を、大根おろしか、きな粉でがんがん食べてはりました。子供からお年寄りまで…。

餅を配っている図
祭りの途中から、皆、櫓に背を向けて、餅を貰える列に並んでる図は、どっちが主かわからへんけどね。