最高傑作アローン

ボーン・レガシーを観に行ってきました。
ボーンシリーズ3作品を観た人間としては、やっぱり行くしかないやろう ということで…。

微妙にどんくさい…。
ヒロインに物語後半、完全にかばわれている主人公に、やはりハリウッドでは、完璧なヒーローはいなくなったかな…。
アベンジャーズも、唯一ヒーローやないし(笑)
そして女性が強い!!
プロメテウスしかり、トータルリコール然り、さかのぼってスノーホワイトしかり…。
そう言えば先週観に行った踊る大走査線でも、青島君、最後、すみれさんに助けられてたね て、すみれさんの尻に敷かれてるのは元々か。

話は戻して、映画の話の中に、あちこちにボーンの話が出てくるので、ボーン・レガシーだけでは微妙に話が繋がらないのももったいない。
これはこれで、きちんと独立させてしまえば、面白いと思うけど、端々に出てくるボーンに、つい重ねて見比べてしまうので、ボーンの行動の完璧さにアーロンの焦りの混じった行動がどこか拙く見えるんやろうなあ。