『ジョン・カーター』は歴史に残る失敗作?


『SPEC 天 』か『ジョン・カーター』か。
悩んだ結果、早く終わっちゃいそうな雰囲気の『ジョン・カーター』を見てきました。
史上最大の赤字やら、歴史に残る失敗作 やら色々言われてる曰く付きの作品。
図抜けて面白いか と言われたら、…。
確かに先の読めるストーリーと、詰め込もうとして必要なストーリーぶった切った? という感は脱ぐえない。
けど、それなりには面白かった。(ディズニーでそれなりはあかんのかもしれへんけど)

そしてただひたすらにジョン・カーターの後を追っかけるウーラ、外見はきもいけど、その内面はひたすら可愛いし、その動きの速さはまさに瞬間移動。うちの犬もこんなに忠実やったらええのに。
後は、まあ、気が強くて美人で、ある意味自己中なお姫様と、お姫様を守るために周囲を巻き込んじゃう主人公。
そしてあまりにも単純過ぎるサーク族の皆様。
友人曰くスターウォーズ×スターウォーズ ÷ 5 の感じだそうです。

とりあえず前評判を無視して 見てもらったら結構面白いのではないかな って思います。

できれば原作をちゃんと読んで、もう少し理解したいお話かな。


スターウォーズのイウォークが可愛くって好きvv